読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外留学あるある!留学体験談ブログ

留学体験談ブログ。経験者は知っている!海外留学あるあるをご紹介します。

海外トイレ事情「びしょ濡れトルコ式トイレ」フランス留学体験談

海外に行くと「日本のトイレはすごい!」と感じる

byフランス留学経験者

 

海外トイレ事情「びしょ濡れトルコ式トイレ」フランス留学体験談

 

海外に出ると、日本で当たり前のことが全然当たり前でないことに気がつきます。例えば、トイレの便利さ、清潔さが挙げられます。日本ではきれいで使いやすいトイレが当たり前のように駅や公共施設含めあちこちにありますが、海外ではそういった清潔なトイレはむしろ珍しい場合が多いです・・・。

 

フランスのトイレ事情

f:id:ryugakuaruaru:20170207092638j:plain

 

フランスと言えば、「おしゃれ」「キレイ」というイメージではないですか?

 

実は、フランスのトイレ事情は日本に比べるとかなり残念なものです。例えば、駅にトイレがないことの方が多かったり、公衆トイレも少なかったり、あってもあまりきれいじゃないことの方が多かったりします・・・。

 

大きな駅以外は駅にトイレがないので、催してしまったときは近くのカフェで貸してもらうことになります。快く貸してくれる場合もありますが、お金を請求されることもあります(泣)。高級感のあるエリアでは特にそういう傾向があると思います。

 

もちろん、ウォシュレット付きのトイレなんて存在しません。フランスでは、日本人経営のレストランで一度ウォシュレットを見かけただけです。

 

公園のトイレなどは「トルコ式」と呼ばれる和式トイレの金隠しが無いバージョンのようなもので、水を流すと足元まで水が流れてびしょ濡れになってしまうこともあります。手洗い場の設計もイマイチで、物凄い勢いで水が出てきて服が濡れてしまったことも何度かありました。毎日使うところは、何とかしてほしいものです(笑)。

 

まとめ

海外での経験を通して、「水回りに関しては、日本は優れている」と思いました。「トイレの神様」なんて歌もヒットしたように、トイレにも神様がいるから、日本のトイレはきれいで使いやすく保たれているのかもしれませんね。

 

そんなところで、日本のアニミスム的な部分を素晴らしいと感じます。「トイレを見れば国民性がわかる」なんて言われますが、日本のトイレにはやはり日本人の良さが表れていると思います。

 

トイレに関しては残念ですが・・・

フランスは人情味があって、オシャレで文化が豊かで素敵な国ですよ♡