読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外留学あるある!留学体験談ブログ

留学体験談ブログ。経験者は知っている!海外留学あるあるをご紹介します。

アメリカではブロッコリーを生で食べる!

f:id:ryugakuaruaru:20170318231846j:plain

ところが変われば食文化も異なりますが、アメリカの食事でびっくりすることの一つは生で食べる野菜。日本だと、レタスやキャベツ、ニンジンやきゅうり、セロリなどですが、アメリカではなんとブロッコリーやカリフラワーも生で食べてしまうのです!

 

スーパーに行くと、生野菜のパーティープレートが売られていて、ベビーキャロット、セロリ、ブロッコリーミニトマトなどと、ランチドレッシングと呼ばれる白いクリーム系のディップと一緒になって売られています。

 

大学の学食などでも同じようにサラダバーに入っています。ブロッコリーは茹でたものを食べるイメージが強い日本人にとっては驚きですよね。ポリポリと硬くて美味しいですが、最初は戸惑うものの一つです。

 

また更に驚きなのは、マッシュルーム!アメリカ人はマッシュルームを4つ割などにして、生野菜の一つとして盛り付けて食べます。時にはスライスして、サラダに乗っていたりします。味はきのこ独特のものですが、サラダのアクセントになって慣れると美味しく感じます。

 

生魚を刺身で食べる私たちの文化に外国人は驚くようですが、生で食べる野菜に関する考え方も大きく違うようですね!機会があれば是非試してみてください!